坐骨神経痛にストレッチ

痛みなどの症状が出る坐骨神経痛。
▼関連サイト 漢方薬による治療(http://www.kenkodo-igaku.jp/iroha/zakotsu_2.html

ストレッチなどを継続的に行うことで、周りの筋肉を柔軟に、また強化することができます。

ストレッチは坐骨神経痛ではない方も、継続的に毎日行うことで腰痛やこれら症状の予防ともなりますので、行ってみましょう。

もちろん、あまりにも痛みが強い、という場合には避けてくださいね。

まず椅子に浅く腰掛け足を開き背筋を伸ばして大きく息を吸います。

息を吐きながらゆっくり、無理をせず両足の間に頭が入るくらいにまで上半身を曲げ、3秒ほど数えたらゆっくり体も元の位置に戻すストレッチ。

少々痛みを感じるという方も無理はしないこと。

今度は椅子に深く腰掛けて片足を両手で抱えて胸に付けます。

引き上げるというイメージですね。

両足、3秒ずつ行います。

こうした坐骨神経痛によいストレッチは腰痛予防ともなりますので、体の筋肉などが柔らかくなっているお風呂上りなどにやってみましょう。

Comments are closed.